◯◯だと余計に傷つきやすくなる

こんばんは

村上由美子です。

大変ご無沙汰してしまいました(^^;

いかがお過ごしですか?

9月に入り、少しずつ涼しくなってきましたね。

とは言え、まだまだ30度超え!

水分はしっかり取って残暑を乗り切りましょうね^^

==========

◯◯だと余計に傷つきやすくなる

==========

さてさてHSPの気質として

「気にしやすい、傷つきやすい」と言うのがあるのですが

同じ出来事が起こっても全く気にしない人もいますよね。

こういう人たちを羨ましく思ったことはありませんか?

わたしは何度もあります(^^;

*いいな〜◯◯さんは楽天家で

*どうして△△さんは気にしないんだろう

*わたしもそうなりたいな

*どうしてわたしはこうなんだろう etc…

HSPの人には結構あるあるな思考じゃないですか?

ではこうなってしまったらどうしていきましょう。

・なぜその出来事が起きたのか永遠に考える

・自分に責任がないかと自分を責める

・傷ついた自分が癒えるのを待つ

・いつまでも気にしている自分を責める

・傷つけてきた相手を非難する

と、ネガティブなものをいくつか挙げてみましたが

HSPの特徴として

自分のことを責めやすいというのはありますね。

で、ここでちょっとその自分責めをお休みして

一呼吸置いて欲しいのですが

問題は、何か起きた時に「どう捉えるか」なんです。

起きた出来事を

何でもないと捉えるか

ショックだと捉えるか。

結局人それぞれの捉え方次第なんです。

だったら、捉え方を変えたらいいじゃん!

なんていう、無神経な声が何処からか聞こえてきそうですが

そこが難しいんですよね。

そんなの簡単に出来るのならとっくにやってるわーー!!

なんて、言いたくなっちゃいます。笑

HSPの人はもともと気質として感受性が強く

気にしやすい傾向にあるので

ネガティブに捉えやすい。

だからそんな無神経な言葉にも敏感に反応して

傷ついてしまうことってありませんか?

ただじゃあ、全てをHSPのせいにして

悲観して諦めてしまうのもちょっと違いますよね。

HSPは気質ですがうまく付き合う方法はたくさんあるし

完全に自分次第で変わっていけることがあります。

それは

「カラダを快適な状態にしておく」

ということです。

HSPは気質ですが

カラダがしんどい思いをしていると

より傷つきやすかったり、ネガティブに陥りやすかったりします。

どんなにポジティブな人でも

体調悪いと元気なくなるじゃないですか。

ネガティブってネガティブを引き寄せるので

そんなると負のスパイラルに入ってしまってすごく厄介です。

だから気質は気質としてありますが

やはり器である自分のカラダは健やかであった方がいい。

せめてそこからは、ネガティブを引き込まない状態にしておいた方がいいです。

HSPの人は気苦労も多いです。

疲れやすいと思います。

だからこそ、負のスパイラルに呑み込まれないように

しっかり休みましょう!

HSPさんて

静かな環境で一人で過ごすことを好む方が多いと思いますが

そうではない方もいらっしゃいます。

自分が心地良くなる条件を知って

少しでもその状態に身を委ねてみてください。

ひとまずは、今晩、昨晩よりもいい眠りにつけるように

何ができるかな?をイメージしてみてくださいね^^